WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

東 毅

Vol.53/2012年10月31日

皆さん今週の電波教師いかがでしたか!?東です

今週は恒例の「純一郎悪ふざけ回」ですが
純一郎は最後かなり怖い目にあってしまったようです(笑

なんだかんだ言ってマキナは可愛い外見をしているので
怖がられつつも、憧れをもって見ている男子もいるに違いないと思って
この話を描きました

ちなみに「シム.マキナ」と言うソフト名は「シム.シティ」から来ています
なんかすごそうなソフトですが「〜語変換ソフト」のすごいバージョンだと思っていただければよろしいかと(まあ昼休みに作ったソフトですから)

今回の純一郎もそうですが、東もやってるうちにだんだん楽しくなって
当初の目的と外れてしまうことってよくあります

漫画の参考資料にと思って一本映画を見たら思いのほか面白く
同じ監督の、関係ない他の映画まで見始めてしまったり

同じような理由で小説読んだが最後
普通に好きになって、自分の漫画と全く関係ない内容のシリーズ最新刊まで
読み続けてしまったり・・・

もうこれは何者かによる作業妨害の罠に違いない!!(アホ)

しかし小田原君、マキナ本人が来なければ確実に靴に口づけコースでした
もうすっかり開発済みのようです(何がだ)

今後の彼の人生も色々波乱含みとなることでしょう
ある意味今回の一件の一番の被害者とも言えるのではないでしょうか?
次回も読切話
それでは皆さんまた来週〜〜!!

このページのトップへ