WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

東 毅

Vol.6/2011年12月7日

皆さんこんばんわー東です!!
電波教師6話、もう読んで頂けましたでしょうか?

このお話は色々な意味で節目になるお話になっています。
単行本で言うと、丁度このお話が最後になりますので
ここまでが全部ゲームで言うところのチュートリアルモードというか

鑑という人間がどういうものなのか
どういう教師なのか
理事長の言う「おもしろい国」
とはどんなものなのか

そのあたりが何となくでもわかってもらえたら…という内容になっています。

基本的に鑑はいわゆる「良い人」ではありません
自分に興味のある事にしか積極的に動かないし
人に何かを教えようとか、救ってあげようとか思わない人間だし
一見いいコトしてるように見えますが、
ただ単に自分がやりたいことをやりたいようにやってる「だけ」の人間です。
(今回だってそうですね)

だから、普通教師漫画ではあり得ませんが学校と生徒が対立した時
生徒に味方せず対決する側にだって平気で回るでしょう。


そんな人間だからこそ解決できることがある
そういう教師だから相手に「気付かせる」ことがある
て感じでしょうか。

まあそんな堅い話はともかくとして
「カッター少女」、すごいですよね
あんな足場で踊れるなんて、新体操で代表になれそうです(笑
ていうか、逆に踊りがキレキレじゃないとあんなとこで踊れないですよね。

名前が「切子」ということもあって付けたネーミングなのですが
意外にマッチしているような…
当然歌ってる曲のイメージはマクロスFです

そんなこんなでまた来週は新キャラ登場ですよ
お楽しみに〜〜〜!!

このページのトップへ