WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

荒川 弘

Vol.6/2013年7月10日

内海賢二さんには、前作『鋼の錬金術師』のアニメで大変お世話になりました。初めてお会いした時に、収録現場に緊張と笑いをいっぺんに持ってくる方だなぁ!と感じ、その後何度かお会いしましたが、やっぱりいつお会いしても第一印象と同じで。

今回『銀の匙 Silver Spoon』では、時間の都合で、残念ながら収録を拝聴できずにいました。ご病気のことを知らなかったので、「ま、そのうちまた会えるさ。打ち上げ楽しみだな」くらいの気持ちで収録スタジオを出てしまったことを後悔しました。

テレビ放送より一足早く、銀匙アニメ第一話を見せていただきました。内海さんの遺作となった作品です。

「声が透き通って聴こえました。」

それ以外の感想がうまく言えません。と言うか色々感情がうず巻いているのですが、上記以外言語化できないでいます。それ程にかけがえのない存在だったのだなぁと、改めて思い知らされました。

心よりご冥福をお祈りいたします。

このページのトップへ