WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

あだち充

Vol.29/2008年1月30日

〜あだち番の独り言〜 第21回

読者の皆さん、こんにちは。
突然ですが、皆さんは
小説版『タッチ〜もうひとつのラストシーン〜』
という作品をご存じでしょうか?
2005年に発売された
あの『タッチ』の小説版です。
読まれた方もいらっしゃるとは思いますが、
これがまたなかなか静かな
感動作なのです。

主人公は、達也でも和也でも南でもなく、

松平孝太郎です!

びっくりですよね。
物語は、達也たちの明青学園の甲子園優勝から20年後―――
弱小高校の野球部監督になっている松平孝太郎が
双子の新入部員と出会うところから始まります。
そして、あの名作『タッチ』の名シーンが
忠実に再現されていきます。
和也の死の衝撃。達也との対立。そして、邂逅。
その様々なシーンを孝太郎の視点で観るとどう解釈され、
どんなドラマになっていくのかが
丁寧に、静かに描かれていきます。
あまり詳しくは紹介しませんが、
必見の名シーンは孝太郎と原田のエピソード!
泣けます。
『タッチ』はすでに多くのあだちファンの
聖域とも言うべき作品になっており、
その映像化や小説化は困難を極めます。
おそらく原作漫画以外で『タッチ』ファン全員を
100%満足させるのは不可能と言っていいと思います。
そんな中、この小説は
なかなか「あだちマニア」をうならせてくれる
出来になっていると思います。
少なくとも、僕はうなってしまいました。
なので、まだ読んだことのない方は是非どうぞ。

ちなみに、なんで突然こんな話をしたかと言うと、
年末年始に自分の部屋の本棚の
「あだちワールド」コーナーを物色していたら、
久々にこの小説に気づいて、
ついついそのまま読みふけってしまい、
ちょっと爽やかな青春気分にひたってしまい、
それを読者の皆さんにも伝えなきゃ!と思ったことを、
今さっき思い出したからでした。

■ケータイ 「あだち充ファンサイト」 http://adachimitsuru.jp

このページのトップへ