WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

あだち充

Vol.28/2008年1月23日

〜あだち番の独り言〜 第20回

読者の皆さん、こんにちは。
さて、行かれた方もいらっしゃるとは思いますが、
1月19・20日に幕張において
「次世代ワールドホビーフェア」が開催されました。
少年サンデーのブースもあって、そこでサンデーの連載作家さん全員の直筆サイン色紙が飾られているスペースがありました。
それが、下の写真です。



基本的に「ホビー」の「フェア」なのでTVゲームなどのブースが多く、
会場に来ている方のほとんどは小学生くらいのお子さんと、そのお父さんお母さんです。
なので、このサイン色紙を眺めたり、
写真を撮ったりしているのも小さなお子さんたちです。
そんな中にあだち先生の青葉のサイン色紙も飾られています。
この写真です。



そこだけ、雰囲気が違うのです。
お子さんを連れたお父さん、お母さんたちが
熱心にその色紙を眺め、写真を撮っていきます。
そんなお父さんの一人と7〜8歳くらいの息子さんの会話です。
「お父さん、何の写真撮ってるの?」
「んーー? お父さんの好きな漫画描いてる人の絵が飾ってあるんだよ。」
「なんて言うまんが?」
「んーー? ○○○(息子さんの名前です)にはまだちょっと早いなー。もう少し大きくなったら読んでみなー。」

ああ、こうやって
あだちワールドは世代を超えて受け継がれていくんだなー
と、しみじみ感じさせてくれる風景でした。
あのお子さんが、一日でも早くあだち先生の作品を楽しめる
日がくるのを心待ちにしている、今日この頃なのです。

■ケータイ 「あだち充ファンサイト」 http://adachimitsuru.jp

このページのトップへ