WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

あだち充

Vol.23/2007年12月19日

〜あだち番の独り言〜 第15回

読者の皆さん、こんにちは。
さて前回、あだちワールドの中で描かれている
食べ物の特集をさせていただきましたが、
その話題でひとつ書き忘れたことがあったので
今週はそれを紹介します。

あだちワールドの登場人物って
よく「お好み焼き」を食べてる気がしませんか?


『タッチ』では、吉田とのエース決定戦の前に
達也と孝太郎がお好み焼きを食べに行って
生焼けを食べてお腹をこわすシーンがありますし、
『KATSU!』では、ヒロイン水谷香月の母が
お好み焼き屋さんを経営しており、
作品中に頻繁の登場したりもしています。
なのに、なのに…

あだち先生はお好み焼きが苦手です。

ビックリですよねー。
なぜお好み焼きが苦手なのか聞いてみると…

「別に大して美味しくない上に、
ずっと同じ味を食べ続けるのが飽きるだろ。」


とのことでした。しかし一方、あだち先生は…
「もんじゃ焼き」は大好きです。
それなら、作品中でも「もんじゃ焼き」を
描いた方がいいんじゃないですか?と言ってみたところ…

「俺は好きだけど、あんな見てくれが悪い食べ物を漫画に描けないだろ?」

うーん、確かに。
ちなみに、あだち先生が好きなもんじゃ焼きの具は
「揚げ玉・さきいか」だそうです。
「カレー粉を混ぜても美味しいぞ。」とも。
まさに昭和の駄菓子屋さんメニューですよね。

このページのトップへ