WEBサンデー

MENU

まんが家バックステージ

サンデー作家陣

あだち充

Vol.20/2007年11月28日

〜あだち番の独り言〜 第12回

読者の皆さん、こんにちは。落語は好きですか?
僕はこないだまで何の興味もありませんでしたが、今は興味津々です。
なぜこんな話をするかと言えば、

あだち先生が落語大好きだからです。

生まれてこのかた、まったく落語に興味のなかった僕ですが、
あだち先生の担当になってから、先生が

「落語は面白いぞ。俺も一番初めは小学生時代に親父が観ていた
テレビやラジオをいやいや眺めてただけだけど、すぐに面白いと
思うようになったから。だまされたと思って観てみな。」

と何度か薦めてくれていたのです。
それでも、何となく観る機会がなかったのですが、
2か月ほど前にTVで深夜にたまたま「千両みかん」なる落語を
観て「これは面白いな。」と思うようになりました。
そしてつい先日、あだち先生が貸してくれたDVDで
先生が大ファンの立川談志師匠の「居残り佐平次」を観て、
すっかり虜になりました。
落語は「人間の業」「キャラクターの魅力」の宝庫です。
さらに落語の魅力である
「粋なセリフ回し」
「ハッとするような演出」
「ふんだんに散りばめられる季節感や情緒」
「さりげない人情や不器用なやさしさ」
「秀逸なオチ」

………あれ?
これはあだちワールドの魅力と
全く一緒じゃないか。


と深夜に自分の部屋で妙に納得してしまいました。
というわけで、あだちワールドがお好きな方はきっと落語も好きになると思いますので、あだち充にだまされたと思ってご覧になってみてください。
ちなみに、あだち充先生曰く…

「年の瀬に落語聴くなら
やっぱり<芝浜>だよ。」


とのことでした。僕も早速これを観てみようと思ってます。皆さんも是非どうぞ。

このページのトップへ